「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
10:46:20
直前までどうなるか判りませんでしたが、何とか行けました

実に4年?くらい振りのショーであり、石を買う事自体も3年半振りくらいです
おかげで見事に情報弱者になっていて、配置も変わってたりしたので
かなーり周回は非効率に、もう途中で割り切って回る店を知り合いに限定

予算もそんなに無かったのですが、何故か数だけは過去最高になりました
その数、実に33点・・・・

あ、画像適当撮りでリサイズしないで上げたらはみ出しちゃったんで、
各サムネをクリックしてご覧ください
スポンサーサイト

2014/08/24
23:01:39
これ、ぼーっとしててこっちに書くの忘れてたか。
また飛んじゃわない内にやっときましょう。



実は5本目作ってたんだった。
多分ニコニコに上げて、やり切った気になっちゃってたんだな。
BGMはケルティックロックの大家、IONAです。
曲名は…

…すまぬ、先日iTuneデータ丸ごと飛んだんですぐ調べられないんですわ。
つかつい先日HDDをSSDにしてOSもWin7HP32→Win7PRO64とかにしたんで、
いろいろとまだ復旧しきってないんです…。


2014/03/17
22:35:58
どんどんいくよー。



こんな事主※で書いてますが、画像仕分けてみたらまだ発表済で
否動画公開が500個弱はあるわ、何本になるんだ。(苦笑
そしてその同じくらいの量だけ未発画像と、同じかは判らないけど
多量の未撮影石が・・・

・・・。  ((((;゜Д゜)))

今回の使用曲:
・Renaissance「Trip To The Fair」
・同「Black Flame」
・同「The Sisters」
・同「The Captive Heart」

趣味丸出しである。

※リンク修正
kanaさんのサイト「Tender time」が移転統合のためリンク修正しました。
遅くなって失礼致しました。


19:04:18
まだまだ行くぜえーッ!



さすがにこの時間が使えると、既出画像の消化は早い。
もう少し粘れば出せて無かった分も行けるかなー・・・
・・・でもそうすると新作用画像ががが。

実はこないだテスト撮影したんですけど、原因が光源か部屋かその他か
判りませんが全体的に妙な色が乗るようになっちゃいまして。
風景撮りは普通だったんで、カメラのせいじゃないっぽいですが・・・。
もう少し試験してからですね、本体色を可能な限り変えずに満足な白が
得られなくては、鉱物写真はお話になりません。

今回の使用BGM:
・Jan Akkerman「Suite 1」
・同「Suite 2」
・同「Tranquilizer」

ヤン・アッカーマンのギターは独特の癖がありますが、結構好みです。
むしろ知名度向上のきっかけになった所属バンド某曲の方が癖は・・・。(笑

あまりにも有名なコレ↓ですからねえ、まあこの曲が異端なんですけど。




23:29:44
とりあえずもう1本。



今回のBGM:
・Quidam「Wesola」
・Marillion「Beautiful」
・Anekdoten「Stardust and Sand」
・Peter Fessler「Somewhere Over The Rainbow」
・Renaissance「Ocean Gypsy」

超絶混じりっ気皆無の趣味選曲である。(・∀・)

あと、レイアウト的に画面サイズ次第で見難かったかもなテンプレ変えました。
暫くはこれで行くつもりです、シンプルなんで変な飽きも来そうにないし。

後は、定期更新か・・・。




プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。