「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2015/06/02
22:54:20
更新はやっぱり鈍くなっちゃいますね。
まあ、ネガティブな話題を垂れ流しそうなのもあるんですが。

ソレとは別に、こっちへ来るちょっと前からの石が未だに整理付いてなかったり、
そもそも撮り貯めてた分にどうも違和感が出ちゃったりでネタが減ってるのもあります。

方ソーダ石_カナダ2_480

カナダはモントリオール産の方ソーダ石です。
実サイズは50x35x15mm程で、ご覧の通り母岩内に斑晶状態で大量に。
ラベル情報がこれだけな上産地が産地なので、それ以上の特定はちょっと出来ません。

あああああーーーーショー行きてええええええええええええ。

スポンサーサイト

2013/03/28
19:57:04
こんばんわとんがりです。

今日は先日横浜と、その前の池袋もやっていなかったので戦利品の
リスト登録作業をしておりました。
私の場合ただラベルを写す訳ではなく、怪しい部分や誤字っぽい場所、
簡略されて記載が抜けている地名等まで追跡したり、標本の不明部位の
調査結果等も判った限りの事を全て載せるので、労力が結構大きかったりします。
お陰で久々に酷使した脳がめそっています。
めそ。

手書き筆記体の否日本&英語ラベルとか本気で強敵。(´・ω・`)

だもんで、本日の石日記は軽めに。
ここ2回、訳判らん子が続きもしましたしね。

銀星石_アーカンソー2_480
目に優しい。

米アーカンソー州産、銀星石です。
実サイズは20x10x1mm程、アップルグリーン基調な本鉱の放射状結晶が
板状に集まったものの分離品ですね。
つか、実は本当に単にコイツから一部剥がれたものだったりして。(笑
でも、巧い事剥がれてくれて、中々これはこれで美しいなと。

べ、別にネタが増えて嬉しかったりした訳じゃないんだかr(もうやった

ま、お陰で作業は手間がかかりつつも滞り無く終わりました。
コレで後はスペースさえ確保出来れば撮影できるんですがねぇ。

部屋片付くの、何時になるのかな…。(´Д`)


BGM:なし



2013/03/18
21:30:07
どもこんばんわ。

また間が空いちゃってすみません。(詫
今回は体調ではなく、ソレが悪かった間に溜まったアレやコレやの
雑務作業その他をこなすのに結構忙しくて。
時間を忘れて気付けば日が開け眠気に負け…なんて事しておりました。
両極端やのう。>自分

今はと言えば、横浜にどうやら土曜参戦出来そうなのでその時に持参する
里帰り画像の印刷作業をしております。
おかげでインクカートリッジがゴミのように消費されていきます、ふはは。

…純正使うから結構シャレにならんのですが。
でも下手に互換使うと再現に問題が出るから、コスト下げられない。 orz

あ、ここ暫く撮影していないので、今回新作の里帰りはありません。
じゃー何故に刷っているかといえば、実は新たにラミネーターを
導入いたしました、ちなみにコレ。
本当はプロユースに実績のあるアスカが良かったのですけど、4本ローラーだと
1万を越えてしまうので却下し、ナカバヤシと迷って純正品の入手性を採って
こちらにしました。
ま、まだ使っていないので使用感は不明ですけども。( ̄▽ ̄
これで何気にかなり初期から計画していた、本来の里帰り画像仕様である
「2L版印刷ラミネート処理」でのお渡しが出来るという訳で。
このまま作業が順調に続けば、100枚以上を里帰りさせる予定です。

だもんで、時間掛かってるんです。(´・ω・`)更新に響いてごめんね。

ただ、2L刷りだとL刷りの時よりも今度はプリンタのスペックが気になって
来てしまったりもして。(´Д`;
画像自体のピント云々とは別に、印刷のぼやけがどうしても殺し切れない。
一応紙は純正の上の方ですし、印刷設定も高画質なので限界なんでしょう。
うーむ、いい加減インクの入手性も悪くなって来たし、こっちもそろそろ
換え時なんでしょうかねぇ。
今のカメラの間はギリギリ何とかなりそうですけど、もし画素数が今以上の
カメラになった場合には完全に再現度が追い付かなくなりそうだ。
小物が多いから、その分余計に。
いやはや、1つ良くなるとまた別のアラが見えてくる事が多く、有難くも
困ってしまいますね、PC周りってやつはホントに。

そんな訳で、今もちょっと作業中。
もう暫くの間、石は軽くいきます。

クリード石_ネバダ1_480
更にハロゲン繋がり。

そう言いつつも複数画像なので続きへ。



21:05:33
どもTONGARIです、数日休載申し訳なかったです。
いやー、謎の無気力という魔物っぽい何かに捕まっちまっておりまして。
今の体質上、極たまにあるんで見逃してくださいまし。

で、石日記。
見事に流れがぶち切れてしまいましたので、気を新たに。
ひとまず今回はリストの中から目に付いたこの子を。

シルビン_カナダ1_480
蛍石以外のハロゲン出せると何かが嬉しい。(笑

複数画像なので折り畳みまする。




2013/02/15
11:48:04
カイロって意外に漢字知られておりませんよね。

こんにちわ、最早今年のお約束化している「雪予報でもカケラも雪が
降らず雨になる」状況を本日も味わっている、雪好きTONGARIです。
やっぱり遠くは無くとも大分暖かいのだなぁ、ここ。

昨日毎度の寝オチorzで休載となりましたので、本日石日記は複数回の
更新を予定しております…また1回はマクロ戦になるかもしれませんが。
ひとまずの1発目はフツーの石日記という事で、プチ特集宣言した
「暖かい感じの石」をいっておきましょう。

ペコスダイヤモンド_ニューメキシコ1_480
おいしそう、とも言う。

米ニューメキシコ州はペコス川産の一名「ペコス・ダイヤモンド」です。
鉱物としては鉄っ気で赤くなった水晶という、ある意味お馴染みな存在。
どの辺がダイヤ要素なのか判りませんが、多分ハーキマーから派生した
「小型短柱両錐なら何となく付けとけ」的連想群の一員なんでしょうね。
実サイズは10x5x4mm程のマイクロ級、2つの結晶が何ともプリチーな姿に
組み合わさったオレンジ色の発色も良い感じの子です。

この「ペコス・ダイヤモンド」はどうも単純に2通りのものがあるようで、
コイツのように明らかに河礫状に角が擦れた感じのものと、極普通に
角の立ったものが存在します。
どう見ても後者は源鉱床産だと思いますから両者が混在して漂砂鉱床から
産出するという事は無いと思うのですが、かといって両者の産地はいつも
ペコス川としかないので、明確な産地は実質判らない状態になっています。
オレンジリバー水晶が実際には流域に存在する複数鉱床から産出して
いるのと似た状況と考えれば大体合っているでしょう。
なので、もしかしたら川べりでほいっと拾った子とかもいるかも。

小さくころっと、この色で仲良く2個纏まった姿を見て。
何となくキモチ的に暖かくなるのは気のせいでしょうか。
本日雪予報だけに降らずとも冷える1日ですが、皆様どうぞこの
ココロの携帯懐炉にて、風邪等おひきになりませんよう。


BGM:某ニコ動画



プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。