「TWWS」~TONGARI Wood&Leather Workshop …の、一応オフィシャルサイト
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2014/12/10
23:01:00
皆さんお久しぶりに記事を書くTONGARIです。
いやはや、色々噛み合いませんで。

とりあえず生きてます、石も相変わらず好きです。
でも、あんま新ネタを購入はしていませんね、今年は天候も微妙で
石割も余りしてないです。
ひとまず更新に関しては、今冬中の定期復帰を目指せたらいいなーって
感じですかね、相変わらず当てになりませんが…。

池袋、皆さんお疲れ様でした。
私は残念ながら参加出来ませんでしたが、報告記事等拝見する限り
やはり参加するだけで楽しい場であったようで何よりです。
不参戦だったのは私本体ではなく、お財布の都合でした。
長期休載中で多方面にご心配お掛けしているようで申し訳ない。

で、お財布ナンデ?というとPCがやばいからです。
そもそも冷房前提な上詰め込みで使ってたマイクロタワーのPCが、
実家の空調設備皆無な夏を幾度も越えるのが無理な話。
既にフルオープンのバラックケース状態で使ってますが、それでもやはり
削られた耐久値的に割とまずそうなのと、流石にそろそろ普通に重めの
作業をするにはスペ不足気味なので、基礎から全交換を決意したという訳で。

…流石にSATA3.0にすら非対応(2.0は可)は厳しい。
HDDなんて裸族で外部に剥き出し&USBファンで直冷でしたしね…。

そんな訳で組むのは後の面倒減らしに大掃除後ですが、とりあえずパーツは
既に一揃え調達済み、旧PCからの流用もありますが数は少ないですかね。
ちなみに今回組むのは以下のパーツ群です。

M/B:ASUS H97-Pro Gamer
電源:Coolermaster V750 80PLUS-GOLD 750W Semi-Modular
CPU:Intel Haswell-Re Core i7-4790
CPUクーラー:ENERMAX ETS-T40-TB
メモリ:CFD Elixir DDR3-12800 4GBx4枚(16GB)
システムドライブ:Crucial SSD MX100 256GB
データドライブ:A-DATA SSD SX900 128GB
         東芝 HDD HGST DT01ACA300 3TBx1
         東芝 HDD HGST DT01ACA200 2TBx1
         Seagate HDD ST2000DM001 2TB
光学ドライブ:Pioneer Blue-ray BDR-207MBK/WS
ビデオカード:Sapphire DUAL-X R9 270X 4G GDDR5 BOOST&OC
サウンドカード:Creative PCIe Sound Blaster ZX
ケース:Corsair 550D
増設ケースファン:Corsair AF140-RQEx4
           ENERMAX UCTB14Px1

…と、ミドルハイとまでは言えませんがそこそこゴツい構成です。
また数年はお世話になるの前提なので、基礎部分は出来るだけケチってません。
とはいえ、電源はもう少し出力にかけても良かったかな…と思わなくも無いですが、
これは実は現PCのものの流用になるので仕方ないでしょう。
何気にこれが強化されないと、グラボのグレード上げにくいんですけどね。
(注釈:同社R9 280クラスの推奨電源がぴったり750Wでドライブ連装だと厳しい

とりあえず、そんな感じで。
今回はPC雑談的に生存報告でした。

スポンサーサイト

2013/02/05
19:22:44
こんばんわTONGARIです。

昨日休載の理由?
勿論寝オチですとも、ええ。 orz

気を取り直して。
今回は前回の方珪石から、色が印象的な子って部分で繋げて参ります。
…っても、今回は別にミョーな色ではありません、本鉱として至極普通です。
ただ、私自身が¥ボーダー越えを承知でサーモンハントをしてしまった。
そのくらい、インパクトに満ちた「普通の」色味を持っております。
完全再現とは流石に参りませんが、その片鱗だけでもご覧あれ。

ぶどう石_ナミビア1_480
「突き抜ける」ってこういう事を言うんでしょうねぇ。

ナミビアはブランドバーグ産、ぶどう石です。
実サイズ50x40x40mm程の中庸級で、全体が本鉱のロゼット状結晶群です。
下面に僅かに石英が付いており、出っ張った部分をトウモロコシの実の如く
もぎっと引き抜いたよーな状態になっているもので、マスカット色と言うにも
少々鮮やか過ぎる位の明るいマスカット色。
もしこれでまん丸だったら、きっとえらい事になっていたでしょう、値札が。
しかしそれを思えど尚、色味だけでも風景と化す典型のような子です。

実の所、私の画像の趣味と傾向故、これでも少々暗めに写っています。
もし明るく撮ったら、恐らく慣れない私ではハレって飛びかねないでしょうね。

この子に付いてはもう、色が全て。
勿論完全な球形ではないとは言え、比較的良好に整った丸さや破断面を持つ
割にはダメージが殆ど無い点、透明感も中々良好等褒めるべき点は他にも
幾つもあるのですが、私にはその全てがこの色を活かす為に見える訳で。
なので、自分的に「これなら」と思った本画像をご覧戴けばOKかなーと。
皆さんにはどう見えるでしょうね?

…モニターの個体差とかは判りませんけど。(苦笑


BGM:Tower Of Power「Skating On Thin Ice」


2012/11/21
08:08:57
地元へ帰還し、荷解き作業が少し落ち着きました。
まぁ片付けるものはまだ山ほどありますが、ひとまずPC周りは構築完了。

更新はまもなく再開出来ると思います。
すみませんが、今しばらくのお待ちをば。


15:42:38
どもこんにちわTONGARIです。
ここ暫く続いている多忙ですが、実はこんな事をしておりました。

部屋片付1
氷山の一角。

…まぁ端的に言えば、引越しです。
先日今までの会社を体調関係で辞め、本格的に地元へ戻る事になりました。
何気にかなり長期間闘病状態にあったんですけど、結局戻りませんで。
まぁ普段はフツーなもので、言わなきゃそうは気付かれないようなモノなんですが、
実はそれなりに重かったりしたのですよね。

そんな訳で荷造り&掃除が続いております。
ただ六畳ワンルームなのでさっさと済むかといえばそうでもなく、元々どこぞに
四次元空間でもあるんじゃないかという程の物量がある上に特殊な扱いを要する
アイテムがやたらと多く、しかも闘病中サボりまくっていた分の掃除を荷物の
合間を縫って、トドメに体調の良い時を縫って全力を出さないようにやっているので、
不可抗力的にかなりずるずると時間が掛かっちゃうという訳でして。
この状態に加え地元に戻った後の荷解きも相当なコトに及ぶのは必定ですから、
ある程度の期間忙しいですよ、という事なのです。

それに絡んで本ブログに記載されている各種予定やら何やらに付いてですが。
今のところ特に変更を加えるつもりはありません…と言うより、戻ってみないと
その辺もどうなるか自分でも判りませんので、判断はその後になります。
出来るだけ住居位置以外は現状維持の予定ですけども、もしかしたらその関係で
変更点が発生するかもしれませんので、その辺はご了承下さい。
出来れば向こうでの荷解きと環境構築も含め、来月中には何とかしたいですね。

それにしても、よくぞこの量を六畳間に収めていたものだなぁ。
楽器18本とか改めて荷物として見ると、それだけでもシャレにならん。(苦笑

後、梱包材の使用量が酷い事になっています。
石好きの皆様、もし引越しの際はその辺りの見積もりに重々ご注意あれ。
エアパッキンだけでも余裕で90cmx100mを越えている今がありますので。(汗

…まぁ、私の子達に脆かったり小さくて壊れそうなものが多いだけかもですが。


BGM:Johnny Kidd & The Pirates「Alarmer」


2012/04/19
21:59:54
さて、本日2発目は石日記。
特集「我が家の戴き物」の続きです。

結構続いた本特集ですが、今回から最終ロード・個人様からの子になります。
実の所私自身まだ石好き歴は3年半ほど、ショーの参加歴は3年ほどですし、
どうもお知り合いになる石友さんには微妙に遠方の方が多い傾向にあるので、
大概はショーの際、ある程度決まった方からのものになってしまうのですけど。
一番よくいる町田には特にいないのは、我ながらフシギなんですよね。(苦笑

でもまぁ、その分楽しく濃いお付き合いになっていると思うので、それはそれで。

んで。
まーそんな訳で、石友さんからの戴き物ズが登場し始める訳です。
そんな本特集最終段階、1個目はこちら。

キャンドル水晶_マダガスカル1
安心の一品。

マダガスカル産の御馴染み"キャンドル"タイプの水晶です。
実サイズは65x40x40mm程、本タイプとしては全てにおいて実にスタンダードな
一品と言え、「どんなの?」と聞かれたらコレを見せればOKとも思えるくらい
あらゆる点で教科書的に纏まっている子です。
サイズも平均して大きめになり易い中、私に優しい中々のお手頃サイズ。
某ガテン派棟梁の方、何時も色々ありがとうございます。

実はこの子も、偶然私の隙間を埋めた子だったりします。
と言うのも現在我が家には当地キャンドルがこの子含め3つ居るのですけども、
自己入手した2つはどちらもちょっとばかり「スタンダード」を外した子なんです。
ちなみに1つは既に登場済で、これは平均よりかなり内部の鉄っ気が強いです。
もう1つは未登場ですが、そっちはそっちで少々「キャンドル?」という感じ。
しかしこの子は「点灯」しないですし、スタイルも文句無く普通にキャンドル。
つまり、巧い事分業出来た状態になってる訳です。
別にそういう事を一言も言った事も無いのにピタっとハマる子が来る辺り、
やはり石友さんになるだけに縁も強いのだろうかとか思っちゃったりも。

なので、風景としても良い意味で特徴が無く、気張らず見れる感じ。
確かに変則的な子や凝った景色の子も楽しいですけど、やはり丁寧に
スタンダードなスタイルとして纏まった子は見てて安心感があります。
私の所持品はその点では前者の方が多いので、丁度良い力加減。

やっぱり、同じものを好きな人同士は、言葉以外でも深く語り合えるのでしょうね。
石も音楽も、その他諸々の事も、必ずそういう一面あると思うのです。

※TWWSブログ3周年プレゼント企画、応募期間中です。
 まだ競争率は低い(´・ω・`)です、皆様こちらをご確認の上どしどしご応募を!


BGM:Enya「The Promise」



プロフィール

TONGARI Take

Author:TONGARI Take
多趣味過ぎて常にテンパってる人。実はクラフト歴まだ浅いので、発想勝負。石は鉱物・岩石何でもありの鉱物-造形美好き中間派。パワーストーンは「何やら不可思議神秘系」ではなく、「天然造形芸術力」という意味で信じているタイプ。言うなれば「鉱物無頼・盆栽派」。

石に付いては色々書いていますが、全て「補足」です。本質の一端を知る為に調べた事を書き連ねている事が多いです。皆様はそれに囚われることなく感じたそのままにご覧いただけると嬉しいです。
なお、石暦は3年半を過ぎました、まだまだ精進の身です。 orz

尚、石画像は標本写真と言う意識は殆ど無く、「現物に出来るだけ忠実なグラビア」的指向で撮影しています。
完全再現を求める標本写真がお好みの方には合わないかもしれませんが、その点はどうぞご了承の程お願いします。

使用カメラ:Canon IXY Digital 20IS
コレしか持ってないしー。

これまでの来訪者数
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。